Takako

記事一覧(10)

シャタークワの思い出II

シャタークワに初めて到着し、まずは寮に行きます。留学1年目で、ルームメイトと部屋をシェアし、寮生活に慣れてきていたので、スムーズに始めることができました。夏休みの1カ月、寮で過ごすことになり、食事は寮の近くにある食堂で食べることになります。その時ルームメイトとなったのが、中国からやってきた女の子、スーちゃんでした。スーちゃんは、当時、Oberin Conservatoryという名門音楽院の1年目を終えたところでした。もちろん全額奨学金を得て通っていました。年齢も一緒ということもあり、スーちゃんと過ごした約1ヶ月ちょっとの時間は今でも一生の思い出です。一人っ子だというスーちゃん、中国名門の北京中央音楽学校に中学時代から毎日通っていたとのことでした。でも出身地は北京ではなく、ずっと離れた違う都市で、小学校まではその都市にある音楽学校に通っていたのだそうです。この時点で普通の公立高校に通っていた私は衝撃を受けました。故郷の音楽学校で才能と努力を認められたスーちゃんは、中学生になると北京へ引っ越しました。子供一人で住めるわけではないので、お母さんも一緒についてきたのだとか。お父さんは故郷でスーちゃんの勉強をサポートするため残って働いていたそうです。人がたくさんいて、常に努力し続けないと生き残れない中国で、自分のために尽くしてくれた両親に、音楽で成功して恩返ししなければいけない。そう言って常により良い音楽を目指し練習し続けるスーちゃんの姿は衝撃的でした。そう言っていたスーちゃんを目の当たりにし、如何に自分が恵まれた環境にいるのか、音楽に対して生半可な気持ちだったのか認識させられました。スーちゃんとは今もSNSを通じて連絡を取り合っています。今では彼女は博士号を修了し、Dr. Sueです。ピアニストとしてアメリカ、中国で活躍しています。

ピアノを弾くとき考えること

ピアノの弾き方にこだわる

私は体の使い方、指や手首の使い方にはかなり注意して普段から練習しています。それはレッスンの時も同じです。ある時インターナショナルスクールに臨時講師としてグループピアノクラスへ行った時も、「いかに効率よく楽に弾くか」ということを気づいたら全員に話していました。私が弾き方にこだわるのにはいくつか理由があります。大学で、人生はじめて毎日6-8時間ピアノを練習するという生活の中で、徐々に腕の痛みを感じるようになっていました。当時の恩師にそのことを相談し、言われた言葉が"You should never be in pain when you play the piano!"「ピアノ弾いているときは絶対に体が痛くなるようなことがあってないけないよ!」というものでした。それ以来、自分がいかに体に気を使って練習していなかったのかということに気づかされました。また、大学時代、ピアノが原因で腱鞘炎になりピアノを弾くことをやめてしまった友人がいました。私の親友で今でも連絡を取り合っているのですが、彼女は本当に才能豊かなピアニストでした。残念なことに、私の友人のように音楽的な才能があるにも関わらず、身体的な問題からピアノを夢半ばやめていしまう方が何人かおりました。そのような人を一人でも減らし、ピアノを弾くということを多くの方に心から楽しんで頂きたい!私の心からの願いです。