あるべき場所に指を置く

Burganger先生のお話に続いて、Dr. Frank Heneghan先生の思い出話です。


Heneghan先生は、アイルランド人の先生で、ヨーロッパピアノ指導者協会の元会長です。私が出会ったとき、80歳を超えていた先生は、世界中をコンクールの審査やレッスンで飛び回っていました。


そんな先生に、何度か集中特別レッスンを受講しに、先生がしばしば滞在していたニューオーリンズに足を運びました。


何度も言われた言葉の一つが、



"You are just as perfect as you are. Do not do anything special."

「あなたは今のままで完璧なのだから、何も特別なことはしなくてよい」



ということでした。

ピアノを弾くという行為において、体の状態は自然であるべきだというのです。

そして、今でも常に意識している言葉は、



"Put your fingers where they need to be"

「指は、あるべき場所にあればよい」



です。

ただ音を出すために、余計なエネルギーを使いすぎていたと実感した一言でした。



徳田貴子ピアノ教室

恵庭市にあるピアノ教室です。初心者からプロのピアニストを目指す方まで個人レッスンで丁寧に指導いたします。外国人の方への音楽教室、子供から大人まで完全英語でのピアノレッスンも大歓迎。

0コメント

  • 1000 / 1000